for newstudents‎ > ‎

safecomputing


Safe Computing


Many people who have their own computers often connect to the Internet, browse websites, and use email, facebook, twitter and online shopping sites, etc.

However, when we connect to the Internet, not all users can be trusted in the same way as when we interact online with friends or companies. Some users have malicious intentions and may wish to infect computers with viruses or spyware or try to gain access to others’ computers. If we are the target of such users, our computers may behave strangely or our personal information may be stolen.

* Security measures are necessary even for computers that are not used to connect to the Internet. Such computers can still be infected by viruses, for example, when sharing files through USB devices.


To use the computer safely, it is essential to know about computer security.
Please be sure to check the following seven contents.


■ Update operating system & application

Sometimes bugs are found in operating systems or other software after they are released. When there are security-related bugs which are called “security holes”, there is a possibility of viruses or malicious users gaining entrance to a computer’s system. In general, when a security hole is found, the software’s manufacturer will release a program to fix it. Therefore, it is recommended that you use software’s latest versions through regular updates.

In the case of Windows, please perform the necessary “Windows Updates,” and for Mac “Software Updates.” Updates are not only necessary for Windows and Mac’s operating systems (“OS”) but also for all software installed on your computer. Therefore, please check regularly that the software you are using is the latest version.


■ Install Anti-virus software

Viruses are illegal programs that infect and cause damage to computers. There are various ways viruses can infect and damage computers, but in general, computers become infected when users open attachments to suspicious emails or browse questionable websites when the computer has a security hole.

When a computer becomes infected with a virus, its operations can become unstable, files can become damaged,strange messages can appear on screen, and other various symptoms can occur. Other viruses can infect computers and present no noticeable symptoms, but find files and users’ personal information and transmit them over the Internet.


Therefore, it is vital to install anti-virus software and periodically scan your computer to check whether it has been infected with a virus or not.


Among the most well-known types of anti-virus software are Norton, MacAfee and VirusBuster. Many (but not all) of these are purchased with one-year contracts, so be sure to purchase them again after one year. (Anti-virus software does nothing after the contract period has expired.)
Anti-virus software releases(almost daily) “pattern files” for identifying viruses so that the software is able to protect computers from the latest types of viruses. If pattern files are old, then the software is unable to identify new types of viruses. Do not forget to update these files.

There are also types of anti-virus software that can be used free of charge, such as Microsoft SecurityEssentials. These types of software, basically, are to be used at the user’sown discretion. Therefore, users should be fully aware that their manufacturers offer no guarantees that their software will not cause a computer to malfunction.
Scanning computers for viruses should be done at least once a month, or, if possible, once a week.


■ Enable your computer's firewall

A firewall is a barrier between computers (internal) and the Internet (external). It helps protect your computer from viruses and malicious users. Although a firewall and anti-virus software are not the same thing and they must both be used, recent anti-virus software often comes with firewall capabilities. If your anti-virus software comes with firewall capabilities, then be sure to switch the firewall on. If there is no firewall function included with your anti-virus software, then use a firewall program compatible with your OS.


If you use Windows, your OS comes with the firewall function switched on. If you use a Mac, firewall settings can be somewhat complicated. Simply switching on the firewall on a Mac can sometimes affect how other applications operate.Please refer to the following website when adjusting your firewall settings.


■ Take a backup

Backing up your computer regularly can protect you from the unexpected such as hardware failures and computer virus infections. 


Your valuable data cannot be retrieved once it has been erased. We recommend you to back up important data (including photos, video, documents) on an external hard drive or cloud storage like Google Drive, OneDrive and Dropbox, etc.
*Computers can often become broken without doing or touching anything. Since it is not unusual for a computer to become broken without warning, in particular with older computers, it is important to back up your computer and not simply assume your computer will not have any problems.

■ Choose strong passwords

When using the Internet, there are many times when you use passwords. They serve an important role in verifying that users are who they say they are. When passwords become known to others, it is possible for them read your email, use your social networking accounts, etc. Never tell others what your passwords are and closely manage your passwords with the following in mind.


1. Set your passwords so that they are difficult to guess. This can be done by making your passwords 14 characters or more (at least eight characters) and by using a combination of upper case and lower case letters as well as numbers and other symbols.
2. Memorize your passwords. If they are difficult to memorize, make sure they are in a place where others will not see them.
3. Periodically change your passwords.

Microsoft offers a website that will test the strength of your passwords. 
Change the password, if the website says it is “weak.”
https://www.microsoft.com/en-us/security/pc-security/password-checker.aspx


■ Use email and the Internet safely

Email is an important way to exchange information on the Internet. It is something many people use every day. However, viruses can sometimes be sent as email attachments and emails can also take users to phishing sites that seek to trick users into revealing their personal information.

Just like junk mail that is sent to mobile phones, do not open email from people you do not know and definitely do not open attachments sent with such emails.
It is also necessary to be careful about emails even from people you do know. It is easy for people to misrepresent themselves over email. Therefore, be cautious of emails and if you notice anything unusual it is perhaps better to inquire with the sender through some method other than email.
Phishing emails also sometimes come to people using ICU email and there have been cases of passwords being stolen. Please note that ICU never asks students by email for their passwords or sends emails that take you to websites that urge you to change your passwords.


■ Don't access to suspicious websites

There are many online services where users can easily enter information such as product reviews and comments on bulletin boards and blogs. Some of these have URLs entered that may take users to sites for phishing scams or where viruses can infect users’ computers. This can be especially prevalent on sites where postings can be made anonymously and without registration. Therefore, be careful about clicking through to sites with links on such pages.


There are services such as McAfee SiteAdvisor that can check whether a site is safe or not. When you are unsure if a site is safe, you may wish to use these services.


About Computer & network



安全なコンピュータ利用のために

パソコンをお持ちの多くの方はインターネットに接続して、Webサイトの閲覧、メール、facebookやTwitterなどのSNS、オンラインショッピングなど様々なサービスを利用していると思います。
しかし、インターネットに接続をしているのはご自身の友人や有名な企業のように信頼のおける相手ばかりではありません。
コンピュータウィルス(以下、ウィルス)やスパイウェアを感染させたり、パソコンに不正アクセスをしようとする悪意のある利用者も存在します。 そのような利用者に狙われると、パソコンの挙動がおかしくなったり個人情報が盗まれるといった被害に遭う可能性があります。(※ インターネットに接続しないパソコンでもセキュリティ対策は必要です。USB メモリでファイルのやりとりをする際などにウィルスに感染する危険があります。)

コンピュータを安全に扱うには、セキュリティ対策に関する知識が不可欠です。
以下の7つの観点を学習し、コンピュータを安全に正しく利用できるようにしておきましょう。
独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA)のホームページには、様々なセキュリティ情報が掲載されています。
以下のページに、
最低限実施しておくべきセキュリティ対策がまとまっていますので、ぜひ目を通してください。
https://www.ipa.go.jp/security/personal/base/index.html


■ ソフトウェアのアップデート

OS やソフトウェアはリリース後に不具合(以下、バグ)が見つかることがあります。
セキュリティに関するバグをセキュティホールといいますが、これを放置しておくとウィルスや悪意のある利用者が不正アクセスしてくる危険があります。
一般的にはセキュリティホールが見つかった段階で製造元が修正プログラムを提供しますので、定期的にソフトウェアの更新(以下、アップデート)作業を実施し、最新の状態で利用するようにしましょう。

Windows の場合は Windows Update、Mac の場合はソフトウェアアップデートを実施してください。
なお、ソフトウェアのアップデートは Windows や Mac という OS だけでなく、ご自身でインストールしたソフトウェアでも行う必要があります。
Adobe Reader、 Adobe Flash、Chrome、 Firefox、Java など様々なソフトウェアをインストールしていると思いますが、定期的にそれらが最新の状態になっているかチェックをして下さい。(OS やソフトウェアのアップデートは自動的に行われるものが多いですが、ご自身でもチェックするよう心掛けると良いと思います。)


■ アンチウィルスソフトの導入

ウィルスはパソコンに感染し被害をもたらす不正なプログラムの事です。
ウィルスの感染経路や被害は様々ですが、一般的には不審なメールに添付していたファイルを実行したり、セキュリティホールのあるパソコンで危険な Web サイトを閲覧することで感染します。
ウィルスに感染すると、パソコンの動作が不安定になったり、保存されていたファイルが破壊されたり、画面におかしなメッセージが表示されたりといった症状が発生します。
なかには、利用者に気づかれないようにこっそりパソコンのファイルや個人情報をインターネットに送信したり、利用者のパソコンから特定の Web サイトに攻撃を行うウィルスもあります。
ウィルスに感染するとご自身が被害に遭うだけでなく、場合によっては加害者になってしまう可能性もあります。
そのため、パソコンには必ずアンチウィルスソフトを導入し、定期的にウィルスに感染していないかスキャンを実施しましょう。

アンチウィルスソフトは様々な会社から発売されています(代表的なソフトを挙げと NortonMacfeeウィルスバスターなどがあります)。
アンチウィルスソフトは新種のウィルスに対応するために、パターンファイルというウィルス検出用のデータを(ほぼ)毎日配信しています。
パターンファイルが古いと新種のウィルスを検出することができないので忘れずに更新してください。

また、ソフト使用期限が切れると上述したパターンファイルのダウンロードができなくなりますので、期限切れにならないように定期的な購入を心がけましょう。(パソコンを新規で購入するとアンチウィルスソフトがインストールされていることがありますが、使用期限が短かったり、体験版であることがほとんどですのでご注意ください。) なお、Microsoft が公開している Microsoft Security Essentials のように無料で利用できるソフトも多くありますが、基本的にそれらのソフトは自己責任での利用となります。 ソフトを起因とする不具合が発生しても補償はありませんのでその点を十分に理解して利用して下さい。 パソコンにおかしな症状が出ていなくても、アンチウィルソフトによるウィルススキャンは必ず毎月(できれば毎週)実施してください。


■ ファイアーウォールの有効化

ファイアーウォールとはインターネット(外部)とコンピュータ(内部)の間の防壁であり、ウィルスや悪意のある利用者による不正アクセスを防ぐものです。
ファイアーウォールとアンチウィルスソフトは同じものではないためそれぞれ導入する必要がありますが、最近のアンチウィルスソフトは標準でこの機能を付加しているものもあります。
導入されたアンチウィルスソフトにファイアーウォールの機能があれば、必ず有効にして利用するようにしましょう。
アンチウィルスソフトにファイアーウォールの機能がない場合はWindows、Mac 共に OS 標準のファイアーウォールがありますのでそちらを有効にしましょう。

■ データのバックアップを取る

データのバックアップは定期的に実施しましょう。
OSに不具合が生じた場合やハード障害、ウィルス感染等が起こった際も、バックアップをしておくことで被害が最小限に抑えられます。



消えてしまった大切なデータは戻ってきません。
写真・動画・書類など必要なデータは、外付けハードディスクやGoogle Driveなどのクラウドサービス)にバックアップしておくことを強くおすすめします。
※ パソコンに故障はつきものです。何の前触れもなくいきなり壊れることも多々あります。 特に使用年数の経過したパソコンはいつ壊れてもおかしくありませんので、大丈夫だろうと高を括らずデータのバックアップをしましょう。


■ パスワードを厳重に管理する

インターネットを利用していると様々な場面でパスワードを入力する機会があると思います。
パスワードは本人確認という大変重要な役割を持っており、他人に知られる本人になりすましてメールを読まれたり、SNS を勝手に利用されたりといった被害を受ける可能性があります。
パスワードは絶対に他人に教えることはせず、下記を参考にご自身でしっかりと管理をしましょう。



1. 大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた14文字以上(最低8文字以上)で他人に推測されにくいパスワードにする。

2. パスワードは暗記する(困難な場合は他人の目に触れないように管理する)。
3. 定期的に変更を行う。


Microsoft が公開しているサイトでは、利用しているパスワードの強度の検査ができます。
検査結果が「Weak」と評価された場合は異なるパスワードを設定し直しましょう。
https://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/password-checker.asp

■ 不審なメールに注意する

メールはインターネットにおける重要な情報交換の手段であり多くの方が日常的に利用をされると思います。
しかし、中にはメールと一緒にウィルスを送りつけてきたり、フィッシング(詐欺)サイトに誘導するようなメールが送られてきたりします。

携帯電話に届く迷惑メールのように、ご自身と関係のないメールは無視するようにして下さい添付されているファイルは絶対に開いてはいけません。
また、知人からのメールであっても注意が必要です。
メールの差出人は容易に詐称することができますので、安易に信用せずおかしな点が見られる場合はメール以外の方法で問い合わせをするといいでしょう。 なお、フィッシングに関する詳しい情報は下記をご参照ください。 有名な企業やサービスを偽って詐欺を謀ろうとしているのが分かると思います。http://www.antiphishing.jp/news/
大学で利用している学内メールにもフィッシングメールは届いており、実際にパスワードを盗まれるという事例も発生しています。
大学から学内の皆さんにメールで直接パスワードをお問い合わせしたり、パスワードの変更を促すような Web サイトに誘導したりすることはありません。
決して他人事だと思わずに十分な注意をお願いいたします。


■ 怪しいサイトにアクセスしない

不審なメールと同様に Web サイトへのアクセスについても十分注意するようにして下さい。
Yahoo や google の検索結果をあまり確認せずにアクセスしていませんか?
ウィルスの仕込まれたサイトが表示されている可能性があります。
掲示板やブログのコメント欄、商品のレビューサイトに貼られた URL を安易にクリックしていませんか?
ユーザー登録をしないで書き込める匿名掲示板ではウィルスやフィッシングサイトへの URL が書き込まれる事が多くあります。
「友人のTwitter や Facebook のアカウントに書かれているから大丈夫!」
本当に友人の投稿でしょうか?
アカウントが乗っ取られているかもしれませんし、アカウントを乗っ取らなくても意図しないツイートや投稿を行わせる攻撃手段が見つかった事があります。


インターネットはとても便利ですが危険な Web サイトもあるという事を肝に銘じて、怪しいと感じたサイトにはアクセスしないよう心がけしましょう。
なお、McAfee SiteAdvisor のように安全なサイトかどうかを調べてくれるサービスもありますので、
知らない Web サイトにアクセスする際には利用するのも良いでしょう。


新入生のみなさまへ